美容とは、結髪、化粧、服飾などの手段でもって容貌を更に美しくするために手を加えることを言う。
実のところ江戸時代には化粧(けわい)と同様に使用されていたらしい。
美白という概念は90年代後半に美容研究家で料理研究家の鈴木その子が推奨して人気に火が付いたが、それよりももっと以前からメラニンが原因の様々な肌トラブル対策に対し使用されていたようだ。
ネイルケアという美容法は爪をより美しい状態にキープしておくことを目標としている為、ネイルの違和感を観察する事はネイルケアテクニックの向上にきっと役立ち無駄がないということができる。
ドライスキンとは、皮膚に含まれる角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が水準よりも低下することで、肌の表皮にある水分が失われ、お肌の表面がパリパリに乾燥する症状を言い表しています。

審美歯科(しんびしか)というのは、美しさに重きを置いたトータルな歯科医療の分野。
歯の存在意義には物を噛み潰すなど機能的な側面と、審美面があるが、双方ともに健康に関係するとても大事な要素だと断言できる。
美容雑誌でリンパ液の滞りの代表のように説明される「浮腫」には大きく分けると、身体の内部に病気が潜伏しているむくみと、健康面で問題のない人でも発生する浮腫があると広く知られている。
よく目立つ目の下のたるみを改善する方法で最も効果が高いのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。