顔面にある筋肉は無意識なのに強張ってしまったり、精神の状態に左右されていることがあるのす。

中でも夜10時〜2時までの4時間は皮膚のゴールデンタイムと言われ、肌の生まれ変わりが一層促進されます。

ここで布団に入ることがどんな化粧品にも勝るスキンケアの要だといえます。

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞と細胞の隙間に多数存在し、優れた保湿力やクッション材のような効果で大切な細胞を護っていますが、老化とともに体の中のヒアルロン酸は少しずつ減ります。

肌の乾燥の因子である角質の細胞間脂質と皮脂の量の衰退は、アトピー性皮膚炎などの遺伝子によるものと、逃れようのない年齢や基礎化粧品や洗浄料による後天的要素によるものが存在しています。

お肌の若々しさを保つ新陳代謝、要するにお肌を生まれ変わらせることが出来る時間帯というのは実は決まっていて、夜に就寝している時しかありません。
深夜残業、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当作りにご飯の準備…。
肌に良くないとは分かっていても、実は満足できるだけの睡眠時間を確保できていない人が多いようです。

皮ふの細胞分裂を活性化し、皮膚を再生させる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している最中は出なくて、夜に身体を休めくつろいでいる状態で分泌され始めます。

大方の場合慢性になるが、有効な加療により病気が統制された状況にあれば、自然寛解が可能な病気だ。
化粧の短所:昼にはメイク直しをしないといけない。
メイクを落としてすっぴんに戻った時の落胆。