治末期に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを紹介して、これらを言い表す日本語として、美容がけわいの後釜として扱われ始めた。

さらに日々の暮らしのストレスで、メンタルな部分にまで毒はどんどん蓄積していき、同時に体の不調も引き寄せる。
この「心も体も毒まみれ」というような感覚こそが、人をデトックスに駆り立てるのだ。
ピーリングとは何かというと、古くなってしまった角質層をピール(peel:皮を剥くの意味)し続けることにより、まだ新しいトラブルのない肌に取り替える分かりやすい美容法です。

女性が読む雑誌でリンパ液の滞留の代名詞のように表現されている「むくみ」には2つに大別すると、身体の内側に潜伏している病気によるむくみと、健康に問題のない人でも発生する浮腫があるようだ。
何となくパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間に縦じわを作り、かつ口元は口角の下がったへの字(余談ですが私はこの形を「富士山口」と勝手に名付けました)をしていませんか?これはお肌にとって最悪です。

現代社会で生活する私たちには、体の内側には人体に悪い影響を与える化学物質が溜まり、さらには己の体の中でもフリーラジカルなどの活性酸素が次々と発生していると喧伝されているらしい。